Home News Press Release 「サッカーSNS」にて、Google Maps APIを活用したチャットサービス、「サッカーSNSカフェ」を開始いたしました。

「サッカーSNS」にて、Google Maps APIを活用したチャットサービス、「サッカーSNSカフェ」を開始いたしました。

株式会社ラクシーズ(東京都港区、代表取締役社長:間瀬佳昭)は、同社が運営するサッカーファンのための SNS 『サッカー SNS 』において、2006年05月31日より、日本および世界の地図上でチャットができるサービスをリリースいたします。

■サービス名 : サッカー SNS カフェ
■ URL  :  http://soccersns.jp/mapchat/

■概要
『サッカー SNS 』は、 Web2.0 メディアと称される SNS や Blog などを組み合わせた、サッカーファンのための SNS です。

この度リリースする地図上でのチャットサービス『サッカー SNS カフェ』は、
米 Google社が提供する「 Google Maps API 」を利用し、ドラッグ操作で地図上を移動できる Googleマップ上で、ユーザ同士がチャット ( 会話 ) をしてコミュニケーションができる機能です。
ユーザは、日本国内だけでなく世界の地図上の好きな場所に自由に移動して、チャットを 楽しむことができます。
また、世界各地のサッカースタジアムへのリンクを装備しており、スタジアム名をクリックすると、そのスタジアムまで簡単に移動することが可能です。

これにより、ユーザは擬似的にスタジアムに訪れたような感覚を得ることができ、
さらに他のユーザとチャットで会話をしたり、一緒に応援をしたりして楽しむことができます。

2006 年 6 月 9 日より開幕するサッカーワールドカップは、開催地がドイツということもあり、実際にスタジアムまで行けない人が多いですが、この『サッカー SNS カフェ』を利用すれば、擬似的にドイツのスタジアムに訪れたような感覚で応援することが可能です。

また、ドイツにワールドカップの試合を観戦しに行く人にとっても、
『サッカー SNS カフェ』を利用することで、事前にスタジアム周辺の状況を、地図と高精度なサテライト写真にて確認することが可能なため、現地観戦にも欠かせないツールとなります。

『サッカー SNS 』では、ワールドカップを観戦しに行く人・行けない人の双方に役立つサービスを検討し、この度のリリースにいたりました。
今後も同サービスの改善・機能追加に努めるだけでなく、様々な新しい技術を取り入れ組み合わせることによって、すべてのサッカーファンの役に立ち、多くの人が楽しめるサービスを提供してまいります。

■サッカー SNS について
『サッカー SNS 』( http://soccersns.jp/ )は、 Web2.0 メディアと称される SNS (ソーシャルネットワーキングサービス)や Blog (簡易型日記)などを組み合わせた、サッカーファン(サッカーのサポーターとプレイヤー)のための SNS です。
SNS の特徴を活かし、サポーター同士やプレイヤー同士でのコミュニケーションが可能なだけでなく、「観戦記」や「日記」などのブログ機能を利用して、サッカーの試合について のレポート・情報を発信・閲覧することが可能です。
「サッカー」というテーマに特化し、「サポーター向け」、「プレイヤー向け」、「通常の SNS 」に機能を分類して提供していることが特徴です。

<参考資料>

プレスリリース文PDF
サッカーSNSカフェ キャプチャ画像1(ドイツ ベルリンオリンピアスタジアム)
サッカーSNSカフェ キャプチャ画像2(国立競技場 マップ)
サッカーSNSカフェ キャプチャ画像3(国立競技場 サテライト)

PAGE TOP